The Highly Sensitive Person

What about a pilgrimage?

巡礼の旅はいかが?

By Elaine - 14 Comments

夏はバケーションの季節です。ですからあなたがこの夏、旅行をするかどうかは別にして、今回はHSPの”真”の旅についてお話しませんか? ご存知の方もいるかもしれませんが、去年の夏、私は夫と一緒に、彼が呼ぶところの“サバティカルリーブ(特別研究休暇)”に出掛けました。でも私にとってそれは聖地巡礼といっていいものになったんです。巡礼について調べてみると―“意識的な旅、(…)

About High Sensitivity, Autism, and Neurodiversity

HSP、自閉症そして神経多様性について

By Elaine - 24 Comments

親愛なる読者のみなさま 。今回は新しい視点、“神経多様性”についてみなさんにお話したいと思ってペンをとりました。というのはこの視点が、HSPと自閉症について考える一つの方法になると思っているからです(そうでなければこの両者はまったく異なっています)。自閉症以外の他の脳システムを対象にお話してもよかったのですが、今回は自閉症にフォーカスすることがピッタリだと思いました。というのは、この四月が“自閉症の啓発月間”になっているからです。この神経多様性という見方を教えてくれたのは、(…)

What About Those Movies?

HSPの映画はどうなってるの?

By Elaine - 17 Comments

Sensitive-The Untold Storyについては…
私が長期休養を取っている間に、プロデューサーのダイアナはこの映画をもっと多くの方たちに届けることができる素晴らしい方法を見つけていました。映画がアメリカ、イギリス、ドイツそして日本のアマゾンでレンタルもしくは購入できるようになったんです。もしあなたがいま挙げた国にお住まいでしたら、ぜひアマゾンのサイトに行ってチェックしてみて下さい。 (…)

Eight Ways to Take Care of Yourself, Please, While I'm Gone (and Beyond)

あなたにしてほしい自分を大切にする八つの方法―私がいない間も(そしてその先もずっと)

By Elaine - 109 Comments

 実はこの二年の間、今年の夏から来年の一月まで六カ月間の長期休養をとれないかと、ずっと計画を立ててきました。外との連絡を完全に絶つ、本格的なダウンタイムの時間です。良好な健康を維持してきたので、健康に不安を感じてのことではありませんよ。ただ、たぶん、私の人生においてなんらかの変化が訪れたのだと思っています。そして私のそんな気持ちを、夫のアートは初めて受けいれてくれました(…)

Why now the film on HSPs and relationships?

新しい映画のテーマは”HSPと人間関係”に!

By Elaine - 35 Comments

 これはとても自然な流れで決まった話でした。私とダイアナとウィル(Sensitive: the Untold Story のプロデューサーとディレクター)そしてアート(私の夫で共同研究者)が次の映画のテーマについてテーブルを囲んでいた時のことです。それぞれが心の中で懸念していたことを話し始めました。それまではみな、次の映画のテーマは当然、HSCになると思い込んでいたのですが、(…)

A Different, Highly Sensitive Approach
to the Holidays: Leading by Example

HSPならではの休日へのアプローチ:他の人たちの模範となるような

By Elaine - 17 Comments

 今回はみなさんに、新しい(そしてちょっと革命的な)、この時期の休日の過ごし方について、提案したいと思います(もしかしたら、皆さんの中にはすでに実践している方もいらっしゃるかも、と期待しています)。その過ごし方とは、外に出ることを減らして(あるいはやめて)、そう、休息の時間にあてるのです。そして、この時期があなたにとってどんな意味を持つのか、考えることに使ってみるんです。他にも、心の奥になにかあなたが考えたいことがあるのなら、それについてでもかまいません。(…)

A Table for Four: My Dinner with C. G. Jung, Martin Buber, and Maharishi Mahesh Yogi

四人がけのテーブルを:C. G. ユング、マルティン ブーバー、そしてマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーとの夕食のために

By Elaine - 5 Comments

 この秋起こった様々なエキサイティングな出来事と一緒に、私はある原稿を書くことを引き受けたのですが、それが出版されることになりました。よかったらみなさんとそれをシェアできれば…と思っています。その原稿には三人の男性たちが登場します。三人とは、ユング、ブーバー、そしてマハリシ・ヨーギーで、私が自分のアクティブ・イマジネーションの中で彼らを招待したのです。彼らはみなそれぞれ、先の二つの大戦が破壊した人々の精神を癒すこと、そして未来に起ころうとしているさらなる破壊を防ぐことに人生を捧げました(…)

映画情報


現在制作中!
HSPのドキュメンタリー第2弾を
あなたも応援しませんか?


Sensitive
and in Love


詳しい情報と寄付はこちらから

私たちの最初の映画
Sensitive: The Untold Story
のレンタル・購入は
こちらから

最新のブログ記事

ニューズレターの申し込み

このブログ欄に新しい記事がアップされる時にはニューズレターでお知らせします

ニューズレター"ComfortZone"の申し込みはこちら
イベント、本のリリース、ブログ、投稿、その他、HSPコミュニティに関心を引く話題の情報などをアップデートしたり、お知らせしています。頂いた個人情報は外部には漏らしません。

※ここから申し込めるのは英語のニューズレターになります。

このブログについて

これまでEmailニューズレターとして年4回配信していたComfort Zone は、2014年、現在のような形に生まれ変わりました。理由は、エレインにもっと時間的余裕を持たせたかったのはもちろん、ブログという形の方がより早く情報を発信でき、かつ柔軟で、読む人がいま興味を持っている題材についても取り上げやすいと思ったからです。さらにメーリングリストの購読をお申し込み頂いた方には、ブログに記事が投稿された際には、そのメールを通してお知らせを受け取れるようにしました。みなさんから頂いたコメントについては、エレインからお返事をすることはありませんが、すべてのコメントには目を通し、なにかインスピレーションを得た場合は、将来記事として投稿されるかもしれません。また、なにか重要なお知らせがある場合には、ブログよりもメーリングリストの方でその情報をお届けすることになると思います(ブログは年に4回、定期的にしかアップされないので)。過去にメールで配信したComfort Zone の記事の数々は、今でもまだタイムリーな内容を誇っています。豊富な量のComfort Zone アーカイブをみなさんがフルに利用できるよう、グーグルサーチを設置しました。ぜひそれを使って過去の記事あるいは現在のブログのトピックを探しみてください。


Entire Web
HSPerson.com

The Original Book

HSPの入門書―HSPが人生で向き合う様々なことをカバーしています。(この本が世界中で100万部も売れたことを誇らしく思っています。これまで、フランス、オランダ、デンマーク、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、日本、韓国、中国、台湾で翻訳されました。それも宣伝はほんのわずかで、ほとんどは口コミで広まりました。)

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.