The Highly Sensitive Person

For Parents of HSPs

HSPの親のための情報

  • HSCの親御さんたちに向けた新しい本ウェブサイトについてお知らせします。 この本の著者でサイトを立ち上げたのは Jamie Williamson です。彼は自分について研究者でも心理療法士でもないと話しています―“僕はこの件についてとても情熱をもって取り組んでるけど、でも僕自身はただの一人の男性にすぎません”。彼自身HSPで、娘さんのうち一人はHSCです。ですから彼の書いたものを読むとHSP/HSCのことをとてもわかっていると感じます。また彼はHSCを持つすべての親御さんに援助の手を差し伸べていて、彼らにとって頼もしい存在になっています。彼が援助を始めてくれたことに、私たちは拍手を送りたいと思っています。この本は自費出版です。だから多くの親御さんたちにこの本を届けるために、ぜひみなさんの間で話題にして下さいね。また、彼のブログでは訪れた人たちの投稿を受けつけています。ですからそこであなたの体験を話すことができるかも。実は私はまだ本は読みかけなのですが、それでもとってもいい本だと感じています。
  • Sensitive and Extraordinary Kids(敏感で特別な子供たち):HSC親のためのブログ。“…私はHSCの子を持つ母親です。私のブログでは、親たちが向き合う課題、トライしてみたほうがいいこと、そして私たちの敏感で特別な子供たちが持っている素晴らしさを、どうしたら最高の形で引き出してあげられるのか、ということなどをオープンに話し合っていす。”
  • Alice Shannonは、HSCのことで助けを求めている時に最も頼りになる専門家の一人です。彼女は様々な気質の子供たちに対応できる専門家で、世界中のどこからでも電話による親からの相談を受けつけています。相談したい方は1-707-839-0444 もしくは 1-707-822-1716へ。メールはalieshannon@gmail.comです。※相談を希望する方は英語でお願いします。
  • The Highly Sensitive Person’s Survival Guide をベースにしたテッド・ゼフのウェブサイト。HSPに役立つ対処方法、CDによるヒーリング・プログラム、個人指導といった情報を提供しています。また特にHSCの男の子、HSP男性に役立つ情報も載っています。
  • Yahoo groupsで検索すると、HSCの親を対象にした、メールで参加出来る無料のディスカッション・グループ(自主運営の)を見つけることが出来ます。このグループは、HSCの子を持つHSPの親とはどういうものなのかを話し合ったり、お互いにサポートすることを目的にしています。登録は以下のサイトから。http://groups.yahoo.com/group/hscbook/

映画情報


HSP映画第2弾が進行中
発表をお楽しみに!


Sensitive
and in Love


詳しい情報と寄付はこちらから

私たちの最初の映画
Sensitive: The Untold Story
のレンタル・購入は
こちらから

最新のブログ記事

HSP研究基金と
寄付の方法については
こちらをクリック


Entire Web
HSPerson.com

ニューズレターの申し込み

このページは現在メンテナンス中です。再開までもうしばらくお待ちください。

Highlights

The Original Book

HSPの入門書―HSPが人生で向き合う様々なことをカバーしています。(この本が世界中で100万部も売れたことを誇らしく思っています。これまで、フランス、オランダ、デンマーク、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、日本、韓国、中国、台湾で翻訳されました。それも宣伝はほんのわずかで、ほとんどは口コミで広まりました。)

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.