The Highly Sensitive Person

The Highly Sensitive Child

What is a Highly Sensitive Child?

 Highly Sensitive Child (HSCs=とても敏感な子供)とは、さまざまなことにとても良く気がつき、敏感に反応する神経システムを持って生まれた子どもたちのことで、子どもたちの人口の内15~20%の割合で存在しています。この神経システムを持っているために、彼らは微妙な変化を素早く察知し、行動を起こす前に深く考える傾向があり、そして、たいてい行儀よく振舞います。また、高いレベルの刺激や突然の変化、他人の苦しい感情といったものにも容易に圧倒されてしまいます。
 HSCであることにくわえて様々な特徴の気質をあわせ持っていることから、手のかかる子(活発、感情が激しい、要求が多い、聞き分けがない、など)もいれば、一方で、物静かで、内向的、ほとんど手のかからない子もいます(初対面の子どもたちのグループに入るように言われるような時は別ですが)。
 ただし、はっきりものを言う子、小さなことを気にする子であれ、あるいは控えめでとてもおとなしい子であれ、すべてのHSCは、彼らの感情や体をとりまく環境にとても敏感なのです。

私の子どもはHSC?
 あなたのお子さんがHSCかどうか知りたい時は、”お子さんはHSCですか?”のオンライン質問表に答えてみて下さい。またこの質問表に答えてみることで”HSC”とはどのような子どものことを言うのか、感覚的にうまくわかっていただけるでしょう。質問項目は、100組を超える親たちに、この質問表よりもたくさんの質問項目に答えてもらい、HSCを決めるのにベストなものを統計をとって選びました。
 ただし、これはHSCかどうかを知るための一つの方法にすぎません。正確にあてはまらない子もいます。ですからさらにこの特性についてお読みになり、ご自身で判断されることをお勧めします。

HSCだとわかったら
 まず最初に、この特性が素晴らしいものだということを正しく理解して下さい。病気でもなければ何かの症候群でもありません。まして私が”最近になって発見した何か”でもありません。この特性は、約20%の子どもたち、そしてほとんどすべての動物に見られる生物的な特性そしてスタイルなのです。自然界にこれだけ一定に存在している性質が異常なものであるわけがありません。これは行動する前に、まずはあらゆる可能性を考えてみるという、生物としての戦略のひとつなのです(もう一つのより普遍的な戦略は、まず迅速に行動し、一番になり、それから後で考えるというものです)。この特性はHSP個人はもちろん、広く社会にとっても重要な意味をもっています。例えば、社会の中で誰かが行動を起こす前にその危険を察知し、起こりうる結果を予測するのはこの敏感な人たちだからです。

 不幸なことに、我々の社会ではこの特性はいささか誤解を受けてきました。そのため、ほとんどの心理学者や親たちは、HSCのごく一部分だけを見て、内気、引っ込み思案、怖がり、細かすぎる、あるいは”過敏性”と呼んできたのです。でも、もし彼らの中の一人でも、HSCの心の中を覗いてみることができたなら、その人は子供たちの中で起こっている ― 創造性、閃き、驚くべき賢さ、他者への共感、等々 ― を理解したことでしょう。

 ただし、その可能性をすべて開花させるためには、彼らを理解して育ててあげるということがどうしても欠かせません。さもないと彼らが大人になった時、うつや不安を抱えたり、自分を恥ずかしいと思う傾向があるからです。

 さらに理解を深めて頂くためには、『The Highly Sensitive Child』を実際にお読みになってみてください。私がこの本を書いたきっかけは、とても多くの大人になったHSPから、彼らの子ども時代が非常に辛かったと聞かされてきたからです。彼らの両親が最善の子育てをしようとしている時でさえそうでした。理由は、誰もこの子たちの育て方を知らなかったからです。先生や親たちは彼らに言ってしまいます。”繊細すぎる”、”内気すぎる”、”感情が強すぎる”と。そうして、この子たちは自分を変えようと努力し、それができないことから、ますます自分は他の子たちと違っている、自分を恥ずかしいと思うようになってしまうのです。私はこの子たちに、これ以上このような無用な苦しみを与えたくありません。そしてこの世界にも、これ以上たくさんの才能を無駄にするようなことはしてほしくないのです。なぜなら、HSCはこの世界に与えることのできる、たくさんの素晴らしいものを持っているのですから。ただそのためには、この子たちに合った育て方が必要になります。彼らを正しく評価してあげること、彼らの特別なニーズに応えてあげること、そして時に彼らが激しい反応や態度を示した時には、それを理解してあげること。そして、何か間違いを正す必要がある時には、彼らが不安になったり、失敗を恥ずかしいと思わないように、彼らに合った接し方が必要なのです。

 この本は、長年心理療法家として、またHSPの相談者として携わってきた私の経験と、この本のために実施した、親、先生、そしてHSC自身への面接を基にして書かれています。そしてHSCのことをよくわからないまま子育てに奮闘してきた私の経験や、もちろん、自分自身ひとりのHSCだったからこそわかっていることもふくまれています。

 くり返しになりますが、ごくわずかな親や先生しかこの特性を理解してきませんでした。その結果、HSCsはしばしば”問題のある子”として誤ったレッテルを貼られてきました(例えば、ADD(=注意欠陥多動障害)のような障害と誤って診断されたケースもあります)。しかし、正しい理解とふさわしい育て方をされれば、HSCは非HSCの子どもたちと同じように問題なく育ちます。幸せに、健康に、そして精神的にとても安定した創造的な大人へと。


Chapters in The Highly Sensitive Child:
  • Sensitivity-
    A Better Light on “Shy” and “Fussy” Children
    Explains the trait thoroughly, including research evidence.
  • Fasten Your Seat Belts-
    The Challenges of Raising an Exceptional Child
    Describes the most likely problems and gets you started solving them.
  • When You the Parent Are Not Highly Sensitive-
    Blessings in Disguise
    Even though this is an innate trait, it often happens that a parent is not highly sensitive but the child is. This chapter shows you how to make that an advantage for both of you.
  • When You and Your Child Are Both Highly Sensitive-
    And What About the Rest of Your Family’s Temperament?
    Discusses the advantages and disadvantages of having the same temperament as your child and also considers the temperament of other family members.
  • Four Keys to Raising a Joyous HSC-
    Self-Esteem, Shame-Reduction, Wise Discipline, and Knowing How to Discuss Sensitivity
    Focusing on the most important issues, whatever the age of a child.
  • The rest of the book is on each stage of raising your sensitive child, with many practical tips as well as research findings on what really works with these particular children.

  • Off to the Right Start-
    Soothing and Attuning to Highly Sensitive Infants
    Toddlers and Preschoolers at Home-
  • Adapting to Change and Dealing with Overstimulation
    Toddlers and Preschoolers Out in the World-
    Helping Them Feel Successful in New Situations
  • School-Age HSCs-
    Resolving Problems at Home
    School-Age HSCs-
  • Helping Your Child Enjoy the Classroom and Social Life
    Sensitive Adolescents and Young Adults-
    The Delicate Task of Launching a Spirited, Seaworthy Vessel
  • Tips for Teachers

To Parents of School-aged children: You can give this book to your child’s teacher, especially the last section, “Tips for Teachers.”


注記:HSPの親たちのための自主的なオンラインサポートグループの情報はResources for Parents of HSPsをご覧下さい。

The Highly Sensitive Child: 著者による増補 2014
The Highly Sensitive Child 巻末注

>> ご購入はこちらから

映画情報


現在制作中!
HSPのドキュメンタリー第2弾を
あなたも応援しませんか?


Sensitive
and in Love


詳しい情報と寄付はこちらから

私たちの最初の映画
Sensitive: The Untold Story
のレンタル・購入は
こちらから

最新のブログ記事

HSP研究基金と
寄付の方法については
こちらをクリック


Entire Web
HSPerson.com

ニューズレターの申し込み

ニューズレター"ComfortZone"の申し込みはこちら
イベント、本のリリース、ブログ、投稿、その他、HSPコミュニティに関心を引く話題の情報などをアップデートしたり、お知らせしています。頂いた個人情報は外部には漏らしません。

※ここから申し込めるのは英語のニューズレターになります。

Highlights

The Original Book

HSPの入門書―HSPが人生で向き合う様々なことをカバーしています。(この本が世界中で100万部も売れたことを誇らしく思っています。これまで、フランス、オランダ、デンマーク、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、日本、韓国、中国、台湾で翻訳されました。それも宣伝はほんのわずかで、ほとんどは口コミで広まりました。)

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.