The Highly Sensitive Person

Sheltering in Place for HSPs who are Parents or Part of a Couple

HSPの親、もしくはパートナーのいるHSPのための屋内退避

By Elaine - 12 Comments

”希望とは、外の世界が良くなるのを待っていることではない。外で起こっていることについて、我々の内なるものを良くしていくことが希望である。”
―ジョアン・チティスター

 いま、このCOVID-19の時代、私たちはどうしたよいのかというアドバイスが世の中にたくさん出ていますよね。私も前回のブログで、HSPのためにいくつかアドバイスをしました。ですから今度は、カップルや親たちのためのアドバイスをしてみたいと思います。そう思った理由のひとつには、おそらく、HSPの親たちに向けた私の新しい本や、カップルをテーマにした最新のドキュメンタリーのことが頭にあったからかもしれません(この二つについては、The Comfort Zoneでアナウンスしています)。では、最近はやりのリストスタイルで書いてみますね。まずはカップルについて。というのは、彼らもいずれ親たちになっていくからです。

  • どんなに最高の関係だとしても、ストレスによって壊れてしまう可能性があることが、研究によってわかっています。中国では封鎖の後、離婚率が上がったことが良く知られています。私たちの関係を、ウィルスのもうひとつの犠牲者にしないように! ストレス下では、私たちは一番良い時の関係でいられず、相手のやっていることすべてに、イライラしたり失望したりしてしまいます。ビッグ・ピクチャーを思い出してください―あなたが、相手と一緒になった理由を思い出してほしい。それに、”あなた自身”はどれだけうまくやれているのでしょう? あなたの相手への批判をよく考え、一度棚上げしてみましょう。もし言い争いになったら、HSPの新作ドキュメンタリーを二人で見てみてください。安全に議論を戦わすためのルールが紹介されていますよ。

    ※訳注:”ビッグ・ピクチャー”とは、日本語で”大局、全体像、先を見通して”といった意味です。

  • 最初は、お互いが感じているストレスについて話し合うことから始めましょう。傷つきやすい感情を話したり、相手に思いやりのある質問をすることから始めます。お互いの不安な気持ちやイライラしていることについて、相手の言うことを訂正したりしないで耳を傾けましょう。遮ることなしに話を聞くことが、相手への一番の贈り物になるかもしれません。相手の感情を敏感に受け止めてあげてください。
  • イライラしてきた? そういう時は、お互いに距離を取る時です。もしあなたの地域が外出OKなら、時々一人で外に出てみましょう。外出禁止? だったら、一人で窓辺に座ったり、別の部屋に行ってみます。別の部屋がない? そうしたらしばらくの間黙ることに二人で同意します。その際は必ず、どれくらいの時間一人でいたいのか、黙っていたいのかを、はっきりと相手に伝えておきましょう。さらに、相手のせいではないということも伝えておきます。後で、もっと良いパートナーとして戻ってくることを相手に保証するのです。相手はきっと本当だったと思ってくれるでしょう。
  • もし一方が在宅勤務が可能で、もう片方が出来ない場合は、雑多な家の仕事、育児などを、外で“仕事”をしていない相手に押し付けないように。仕事は3つのカテゴリーに分けられることを思い出してください。1,単調でつまらない仕事(ある意味苦役と言える仕事、特にHSPにとっては)。2,専門性を求められる技能職(成果を実感でき喜びが感じられる仕事)。3,天職(それをすることを運命づけられているような喜びがある仕事)。単調な仕事は公平に分担しましょう。ピザ生地をこねる手間(労働)を省けば、その時間を、ネットで新しいレシピを探すといった“技能”を磨いたり、夕べの娯楽のための“技能”を磨く時間に使えるかもしれませんよ。

    訳者注:アメリカではピザはほとんど国民食で、スーパーで生地を買って家庭で作ることも少なくないとか。このユーモラスな例えは、そういった文化を背景にしているかもしれません。

  • “新しいワクワク”するようなことを一緒にすることで、二人の愛が強まることが研究によってわかっています(ただし、その行動に二人が同意したのなら)。家にこもっている間も、二人で初めてオペラを観てみたり、これまで興味のなかったスポーツを観戦(”スポーツ名シーン”などのワードで検索)や、異国のトラベル・ショーを見ることにトライできるかもしれません。あるいは、オンラインの美術教室に参加したり、あり合わせの材料で素晴らしい料理に挑戦してみてもいいかもしれません。二人が自由に発想したことをリストにして、一緒に楽しめそうなものをリストアップしてみてください。
  • 調査によれば、別の親しいカップルと繋がりを持つ時間が、自分たちの関係も豊かにしてくれることがわかっています。Zoomを使えばそれができますよ。
  • ロマンスの時間には、何かロールプレイング・ゲームをしてみては。お互いが新しい自分になって、それにふさわしい服を着たり、相手があまり見たことのない恰好をしてみるんです。もしかしたら、それは相手のファンタジーを演じることになるかも(カウボーイやカウガール、あるいは圧倒的なロックスター! それとも大金持ちの実在の王子または王女?)。できたら口調も真似てみて。あなたたちの内どちらかがドアをノックする。それが誘惑の始まりです。もしこのやり方が気に入ったら、オンラインでウィッグも注文してみることもできます。
  • 会話を面白くしましょう。相手がまだ知らないことについて学んでみます。そうすれば、夕食を食べながら(あるいはいつだって)、それについて話ができます。あるいは、一冊の小説を、一日に一章づつ、お互いに読んでみては。そして、読んだばかりの章で何が起こったか相手に話すんです。そうすれば二人でその物語を楽しめますよ。

今度はHSPの親たちへ

  • あなたの基準を低くしましょう! 自分を批判しないように。間違ってしまったこと、落ち込んでしまったこと、大声を出してしまったこと、そういったことに罪悪感を持つことはありません。どんな時も、あなたは自分のベストを尽くしてきました。間違いはありません。あまり良くなかったように思えたとしても、それでもあなたは、このよく分からない状況の中で出来る限りのことをしてきたんです。もしあなたが、より専門性のある、そしてより経験豊かな援助を必要としているのなら、ぜひそれを求めてください。私のウェブサイトからは、Alice Shannon と 、Alane Freundの二人を提案します。
  • 刺激を減らしましょう。音が大きすぎる? 耳栓を手に入れましょう。あるいは声を低くしてくれるよう頼む。あるいは子供たちにテレビを観る時、ヘッドセットをつけることを考えてもらう。メディアやニュースに接する機会も、減らしたり、やめてみることもできますよ。
  • ダウンタイムは必ず取りましょう。もし子供たちと一緒の時は、彼らにそのことをきちんと説明しておきます。もし難しかったら、最低でも少しの間目をつぶってみます。こんな方法もあります。あなたに両親、もしくは子供たちと親しい人がいたら、ZoomやFacetimeを使って、30分、彼らの相手をしてもらうんです。できたら毎日同じ時間に。あなたからアクティビティを提案することもできますよ。Alice Shannon’s blog on HS parent self-careをご欄になってみてください。
  • 時間が空いたら瞑想してみましょう。わずか5分でもOKです。瞑想のタイプについては、このブログで紹介しています。
  • すべてをきれいにすることであなたの気分が良くなるのなら別ですが、そうでないのなら家事をしばらく手放してみましょう。散らかりすぎているものを少し片付けるだけで十分。見た目をすこし綺麗にするだけで、あるいは一つの部屋をきれいにするだけで、刺激は減りますし、家族の人たちを心地よくしてくれます。
  • 安らぎを得るためには、テレビやデバイスなど対しても、もっと進歩的になってもいいと思いますよ。子供たちにとても良い、子供向けのクオリティの高い番組もあります。”親の関与(※)”―時に子供と一緒にテレビ番組を見たり、子供のそばに座って、彼らのやる(問題のない)テレビゲームを観戦する―は、良い子育てだと考えられています。それに、子供たちがあなたに要求する他のことよりも、刺激が少ないかもしれません。また、あなたがゲームやゲームのキャラクターに詳しくなったら、他のことをしながら、子供たちに”そのキャラクターはどうなったの?”とか、子供たちのゲームのレベルを尋ねることができるようになりますよ。

    ※訳注:日本人にはあまりピンとこないかもしれませんが、人種・民族が多様なアメリカでは生徒間の学力格差が問題となっており、連邦政府は重要な政策課題として目標を掲げてこの問題に取り組んでいます。その中に「学校は教育に対する「親の関与」を増大させるよう連携協力体制を強化する」という政策目標があります。

  • もしまだやっていなかったら、一日の予定そして週単位のスケジュールを考えてみてください。杓子定規のようなものにする必要はありません。あなたにも、子供にも役立つようなものにしてみましょう。そして、みんなに見えるようにどこかに貼り出します。例えばこんなふうに;起きる、朝食、宿題もしくは学習ゲーム(親だったら掃除・選択)、昼ご飯、(外出が可能なら)外ですごす時間、午後の休憩・・・。寝る前のお楽しみ、例えば、昼間あまり会話ができなかった親との読書、ただし、寝る前なので少しづつスローダウンしながら。最後は、眠りにつく前のルーティン。週間スケジュールは、その週に起こる出来事によって変わってきます(例、様々な学び事、曜日ごとに異なるスポーツ)。予定時間も書いておきましょう。ただし、予定変更は柔軟に。
  • 毎日、前もって、何か楽しいことを計画しておきましょう。そして週単位でもう少し大きな計画を。例えば、工作(クラフト)の計画、ボードゲーム、ペット・人形・ぬいぐるみのためのパーティとか(たぶん、前日に献立やクッキー作り、飾り付けが必要になるでしょう)。都市をデザインする遊びもありますよ。それも300年続くような都市を。あるいはもしレゴを持っていたら、一人一人カップ一杯分すくい上げて、現代アートのオブジェみたいなものを作ってみては。そしてそれを集めて彫刻庭園にしてみます。新しいボードゲームを考案したり、家族向けのトリビア(雑学)ボードゲームを考えてみてもいいでしょう。でも時にはゲームをかたづけ、新しい画材を手に取ったり、計画していたことに挑戦してみましょう。一度にぜんぶをやることは出来ないのですから。

    ※訳注:ネットで検索すると、アメリカでは、ペットや人形を持ち寄って行うパーティがあるようです。

  • 子どもたちが退屈してしまってもかまいません。彼らに、創造力と退屈は、波のように上下するものだということを説明してあげてください。創造的な人たちはいつもこう言います―「何も描くものが思い浮かばない!」。でも傑作はその後やって来る。
  • 退屈や癇癪、あるいは一見理解しがたいタイミングで表れる様々な感情は、もしかしたら子どもたちが自分では気がつかない、怒りや悲しみ、不安といった深い感情を表しているのかもしれません。そんな時は必ず一緒に座って、子どもたちの気持ちについて頻繁に話し合ってください。ティーンエイジャーの場合は、気持ちを話すことをためらうかもしれません。そういう時は、気づかれないように、そっと尋ねてみます。例えば、「このコロナの中、友だちはどうしてるの?」と。
  • 子どもたちの気質を考慮しましょう。もしどのような気質をもっているのかわからなかったら、Preventiveoz.orgを訪れてみてください。あらゆるタイプの気質が分かるだけでなく、自分と似ているところや違っているところについて、楽しく会話することができますよ。
  • 活発な子どもに対しては:バランスボードやバランスボール、戸口にぶら下げられるブランコのような運動器具を購入してもいいでしょう。あるいは、家の中のコースをグルグル走らせます(可能なら外を)。一周ごとに少額のお金をあげてもかまいません。ただしそのお金は、最後はお好きな慈善活動に寄付します。一日の最後に何周走ったかを貼り出しましょう。
  • もしお子さんが二人以上いたら、それぞれのお子さんと一人づつ過ごす時間を持った方がいいかもしれません。その時は、時間は平等に。HSPの親にとっては刺激を減らしてくれる時間にもなります。
  • HSPが持っている創造性を発揮させましょう。年長の子供であれば、テレビやYouTubeを通して、ヨガや新しいダンスステップを学ぶことができます。賢く意欲的な子供だったら、例えば上のレベルの代数を学んだら、次の年にはテストアウトして学校のみんなを驚かせるかもしれませんよ。ただし、子どもたちが何を見ているのかには気をつけて。

    ※訳注:”テストアウト”とは授業を受けず、テストのみ受けて合格し、単位を取得すること。

  • 他の親たちと交流して、アイデアを得ましょう。ただし、自分は相手より”出来てない”と感じるような比べ方はしないこと。人は自分の良いところばかり見せようとするものですよ。
  • それに関連することですが、とてもネガティブな感情が湧き上がってきたとしても驚かないで。たとえそれが殺意のようなものだとしても! そういった感情は親にはよくあるということが研究によってわかっています。感じたり考えたりすることと、実際に行動に移すことは違います。そんな時は自分の部屋に行き、ベッドに横になって、泣いたり、枕に向かって叫んでください。あるいは、頭を真っ白にして、ぼ~っとするだけでもかまいません。
  • 最後に、もう一度ビックピクチャーを思い出してください。あなたが子供たちのことを愛していることが、彼らに少しでも伝わっていたら、彼らはちゃんと育ちます。それに、自分は支えられているという実感があれば、少しくらい苦労がある方が、成長を促してくれるかもしれませんよ(え、「また子供たちに”オレンジジュースはダメ”って言うこと?」ですかって?)(※)。子どもたちの不満には耳を傾けましょう。でもあまりそれでくよくよしないように。

    ※訳注:これはおそらく、寝る前の小さな子どもに親が良く言う、”歯磨きしたから、もうオレンジジュースは駄目だよ”のセリフを例えにした、アーロン博士のジョークかと。

いまこの時期に、自分にできることをやっているだけで、あなたは十分素晴らしい。どうか自分や誰かを裁いたりしないでくださいね。

最新のブログ記事

HSPの最新の本のお知らせ
The Highly Sensitive Parent

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。
25周年記念エディション

HSPのドキュメンタリー映画
Sensitive Lovers:恋人たちの関係をさらに深く探る”リリースのお知らせ

このドキュメンタリーは、 映画“Sensitive and in Love”に織り込まれた科学的根拠やアドバイスをみなさんに提供します。 詳しい情報はこちらから

Sensitive and in Love

私たちHSPにとっておそらく最も大切なもの―愛する人との関係に敏感さがどう影響するか―にフォーカスした長編映画。the Sensitive and In Loveの詳しい情報と購入はこちらから

センシティブ:語られなかった物語

レンタルと購入はこちらから


Entire Web
HSPerson.com

ニューズレターの購読申込

ニューズレター“The Comfort Zone”では、イベントや本のリリース、ブログ投稿、それ以外にもHSPだったら関心を持ちそうなニュースなどのアップデートやお知らせをいたします。ぜひお申し込みください。頂いた個人情報はどこにも提供いたしません。

メーリングリストへの参加はこちらから

※ニューズレターは英語のみになります。

このブログについて

これまでEmailニューズレターとして年4回配信していたComfort Zone は、2014年、現在のような形に生まれ変わりました。理由は、エレインにもっと時間的余裕を持たせたかったのはもちろん、ブログという形の方がより早く情報を発信でき、かつ柔軟で、読む人がいま興味を持っている題材についても取り上げやすいと思ったからです。さらにメーリングリストの購読をお申し込み頂いた方には、ブログに記事が投稿された際には、そのメールを通してお知らせを受け取れるようにしました。みなさんから頂いたコメントについては、エレインからお返事をすることはありませんが、すべてのコメントには目を通し、なにかインスピレーションを得た場合は、将来記事として投稿されるかもしれません。また、なにか重要なお知らせがある場合には、ブログよりもメーリングリストの方でその情報をお届けすることになると思います(ブログは年に4回、定期的にしかアップされないので)。過去にメールで配信したComfort Zone の記事の数々は、今でもまだタイムリーな内容を誇っています。豊富な量のComfort Zone アーカイブをみなさんがフルに利用できるよう、グーグルサーチを設置しました。ぜひそれを使って過去の記事あるいは現在のブログのトピックを探しみてください。

The Original Book

HSPのあらゆる側面をカバーした総合的な紹介書。世界中でベストセラー。32ヵ国語に翻訳。最新の研究を要約した著者の覚書もついています。

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.