The Highly Sensitive Person

Coaches

ICF(国際コーチ連盟)の認定コーチ資格者でエレインのHSPに関する心理療法プログラムを修了した方

 ICFによると、“コーチングの最大の目的は、仕事や個人の生活における具体的な目標を達成するため、実用的な戦略を生み出すこと”となっています。

 コーチングを受けることで、あなたの敏感さに考慮しながら、キャリア目標を達成したり、人間関係におけるコミュニケーションスキルを高めたり、雑音に悩まされなくなったり、あるいは他人との強い境界線を築くことができるようになるかもしれません。

 もしあなたが、トラウマやうつ、不安や自殺したい気持ち、親密な人間関係、過去の辛い体験による心の傷などに悩んでいるのなら、セラピストのページをご覧ください。

 ~  ~  ~

 このリストに掲載している方は全員、ICF(国際コーチ連盟)の認定コーチ資格者もしくはICF公認の学校でトレーニングを受けた方で、なおかつ、DVD“ A Live Seminar On Psychotherapy and The Highly Sensitive Person”もしくは“ Psychotherapy and the Highly Sensitive Person”を読んでHSPの心理療法について学び、テストに合格した方たちです。

お断り:エレインは、このリストに載っているコーチのほとんどを個人的に知りません。またリストに載っているからといって、彼らを推薦しているわけではありません。リストに載るための要件を満たしている以上の意味はないことをお断りしておきます。

 コーチングは比較的新しい分野です。ライセンスを持った他の精神・医療関係の専門家とは異なり、まだ州政府の管理下にはありません。ただし、それぞれの専門機関によって規定があり、ICFでは、125時間以上のトレーニングと750時間以上のコーチングの経験、そして厳しい倫理規定の遵守を求めています。私たちは、HSP専門コーチとして、ICFに関連する資格の持ち主に限定することとしました。というのは、コーチの中には、時に資格を取るのに16時間に満たないような、ほんの少しのトレーニングしか受けていない人たちもいることに気づいたからです。そういった機関では、資格を取るための主な“必要条件”が、要はお金なのです。それと比べると、ライセンスを持ったセラピストは、たいてい3000時間ものインターンを経験し、払う授業料もかなり高額になります。ただ、コーチングはセラピストとはまったく異なるものですし、それにとても役に立つ可能性をもっています。

(リンクをクリックすると新しいウィンドウで開きます)

タイプ別コーチリスト

映画情報


現在制作中!
HSPのドキュメンタリー第2弾を
あなたも応援しませんか?


Sensitive
and in Love


詳しい情報と寄付はこちらから

私たちの最初の映画
Sensitive: The Untold Story
のレンタル・購入は
こちらから

最新のブログ記事

HSP研究基金と
寄付の方法については
こちらをクリック


Entire Web
HSPerson.com

ニューズレターの申し込み

このページは現在メンテナンス中です。再開までもうしばらくお待ちください。

Highlights

The Original Book

HSPの入門書―HSPが人生で向き合う様々なことをカバーしています。(この本が世界中で100万部も売れたことを誇らしく思っています。これまで、フランス、オランダ、デンマーク、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、日本、韓国、中国、台湾で翻訳されました。それも宣伝はほんのわずかで、ほとんどは口コミで広まりました。)

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.