The Highly Sensitive Person

What About Those Movies?

HSPの映画はどうなってるの?

By Elaine - 11 Comments

Sensitive-The Untold Story(センシティブ語られなかった物語)については…

 私が長期休養を取っている間に、プロデューサーのダイアナは彼女のネットワークを駆使して、この映画をもっと多くの方たちに届けることができる素晴らしい方法を見つけていました。

  • 映画がアメリカ、イギリス、ドイツそして日本(※1)のアマゾンでレンタルあるいは購入できるようになりました。もしあなたがいま挙げた国にお住まいでしたら、アマゾンのサイトに行ってぜひチェックしてみて下さい。このアマゾンの方法は購入しやすくて、なかなかうまく出来てると思っています。
  • Kanopyからは無料で映画がストーリーミングできるようになりました。Kanopyは学生や教員、大学の学部向けに(これは大学のクラスで視聴することを想定しています)26.000本のフィルムを無料で提供しています。この素晴らしいサービスはアメリカ以外の大学も含めて4.000以上の大学で利用でき、費用は大学の図書館が負担してくれています。知り合いの学生や教員がいたらぜひ教えてあげてください。もしあなたの大学がKanopyを利用してなかったらKanopyのウェブサイトに行ってリクエストすることもできますよ。そして映画には、スペイン語・日本語・ポルトガル(ブラジル)語・オランダ語・デンマーク語・スウェーデン語・フランス語・ドイツ語の字幕がついてることをお忘れなく。もしあなたの国の字幕がなかったとしても、ほとんどの大学生だったら英語がわかるか、あるいは勉強中のはず。そう、ですから、英語の勉強の教材としてもうってつけだと思います。
  • アメリカとカナダの公共図書館でしたら、今ほとんどの図書館でデジタルで観ることが可能です。あなたのお住まいの図書館をチェックしてみてください。たぶん大丈夫だと思いますよ。
  • フィンランドの公共テレビ放送が、映画“Sensitive”を放送します。4月20日木曜日21:00と4月23日日曜日13:35から。チャンネルはYle Teemaで。
  • もちろんいままで提供してきたVHXによるレンタルや購入も引き続きご利用いただけます。
  • DVDの購入をご希望の方はHSPerson.com Storeから。
もしあなたがこの映画に感動したら、AMAZONやKANOPYであなたの感想をレビューしてみてください。そうしたらきっとそれが他の人たちが買いたいという気持ちを後押ししてくれます。


Sensitive and In Loveについては…

 ウィル(この映画の監督)とダイアナはいまこの映画の仕上げにかかっていて、そしてここまで自分たちが撮りためた映像にとても満足しています。私たちは皆、この“Sensitive and in Love”が多くの人たちを助けてくれる、と感じています―それもHSPの人たちだけでなく非HSPの人たちもふくめて(この映画のために寄付してくださった非HSPの方たちがいます。その動機は、この映画が非HSPの人たちにこそ必要だと思ってくれたからでした)。人が幸せになるために最も重要なことはなんだと思いますか? これはたくさんの研究が明らかにしていることですが、それは人と満足のいく関係を築くことです。いえ幸せだけではありません。長生きするためには、幸せな関係を築くことがタバコや肥満よりも長生きするための重要なファクターだとか。ただ、そのために鍵となることがあります。それがパートナーの気質を理解することです。

 映画の資金集めの方がどうなっているかといいますと、前にもお知らせしたように最初集めようとしたキックスターターの締め切りまでに目標金額が集まらなかったので、シンプルにこのサイトで寄付金を集める方法に切り替えました(※2)。でも、キックスターターでは欠かせなかった、支援金を出して下さった方への“報酬”も用意していますよ。通常“報酬”はけっこうコストがかさむのですが、私たちは提供や送料にほとんどお金がかからない方法を採りました(実を言うとキックスターターで最初の映画を作った時、この報酬にけっこうな費用がかかったんです)。
 寄付して下さった方は全員、SAILS―the Sensitive and in Love Society(Sensitive and in Love協会)のメンバーになっていただきます。メンバーになるとどんなお得なことがあるのかですって? 10ドル寄付して下さった方には(たった10ドルで)、この映画のテーマである“HSPと人間関係”について実際に役立つ情報や、研究内容をちょっとだけ紹介するビデオを毎月お届けいたします(※3)。それだけではありません。この映画が完成した時には、私たちは24時間(24時間だけです!)、ライブストリームで映画を上映することを計画しているのですが、寄付して下さった方はそれに無料でアクセスできます(※4)。さらに多くの金額を寄付してくださった方には、それにプラスした報酬を用意しています!(※5)

 24時間のライブストリームにアクセスできることは非常に貴重な機会になると思います。というのはウィルとダイアナはこのフィルムを映画祭に出品することを考えていて、そのため映画の公開がもしかしたら18カ月くらい遅くなるかもしれないからです。映画祭には、様々な映画配給会社や配信会社が来て、自分たちのネットワークや系列の映画館で上映するための作品を選びます。私たちは前回、最初の映画“センシティブ”を映画祭に出品することなくすぐに公開しました。早く見せてほしいという声がすごくたくさん寄せられたからです。でも多くの人が先に観てしまったことで、大規模な商業網で配信することが難しくなってしまったのです。

 ただ、25ドル寄付して下さった方には、このフィルムが完成した時に映画のデジタルコピーを無料で差し上げます(DVDではないので気をつけて)。ですから25ドル寄付して下さった方は観たいときにいつでも観ることができます(ただ、コピーしてネットなどに上げない条件で)。

 でも、私はこのニューズレターを読んだお一人お一人が10ドル寄付してくださったら、それは別の意味でもっと価値があると思っているんです。もちろん10ドル以上であればさらに。それはどういうことかと言うと、その寄付がHSPの未来のためにとても大きな助けになると思っているからです。今度の映画は人間関係がテーマですが、多くの夫婦が良い関係を築くことができれば、そのことが私たち全体に大きな影響を及ぼすことになる ― 家族や子供が幸せになれば、その家族がいる職場や学校、近所との関係も良くなる。そしてそれが大きくなっていけば最後は国だって幸せになるかもしれない。HSPの場合、家族の争いを耳にするだけで大きな影響を受け、それが精神的な虐待になってしまうこともあります。特に小さな子供の場合影響を受けやすく、その傷が一生消えないこともある。私は一人の心理療法家として、受けたトラウマを治療するよりもそれを予防する方がはるかに効果が高いことを知っています。

 以前私は玄関の外でカップルが怒鳴り合っているのを聞いたことがあります。出ていくと若い両親がヒステリー状態に陥っている1才の子供を抱えながら大きな声で罵り合っていました。私は泣いている赤ちゃんを彼らから預かるとその場から離れました。これがトラウマになることが分かっていたからです。でも二人はそのことに気づいていませんでした。だから赤ちゃんを返す時、私は断固たる調子で赤ん坊の前でケンカしてはいけないと彼らにレクチャーしなければなりませんでした。でももし彼らのケンカの原因が、どちらか一方がHSPであることにあったとしたらどうでしょう?

 離婚の原因のうち約42%は、生まれ持った気質が関係していると考えられています。そしておそらくそのうちのほとんどは、お互いが、”相手には変えられるものと変えられないものがある”、ということを知らないことからきています。そしてみなさんはいま、そう、この世界から離婚や罵り合いを減らすために、自分ができる現実的な方法を知っています!

 映画についてさらに詳しい情報と寄付はこちらから。寄付による税金控除はアメリカのみに限られますのでお気をつけください。


訳者注:
※1 『センシティブ語られなかった物語』という邦題で日本のAmazonでもレンタル・購入できます。
ただし、こちらには日本語字幕がついておらず、映画製作サイドに問い合わせたところAmazonに原因を調査してもらっているということでした(Amazonに字幕は提供しているとのこと)。なので購入・レンタルを考えていらっしゃる方は、字幕がつくのを確認してから購入・レンタルされることをお勧めします。字幕がつくとタイトルの横に(字幕版)という文字がつき、予告編にも字幕が表示されます。

※2 キックスターターは代表的なクラウドファウンティングのひとつ。プロジェクトを実現したい人たちは、キックスターターで賛同した方から資金を調達することができます。ただし期限以内に目標金額に達しないと資金集めは失敗となります。キックスターターには報酬システムというものがあり、お金を出した金額によってプロジャクト側が用意した商品などがもらえるので人気になっています。HSPの最初の映画はこの方式で作られ、支援金を出した人にはその額に応じて、DVDやマグカップ、アーロン博士とお話ができるなどの特典がありました。

※3 10ドル以上寄付すると、寄付する際に申し込みフォームに記入したメールアドレスに、差出人「Elaine Aron」、件名「Your Update from Sensitive and in Love」でメールが届きます。そのメールに最新の映画情報やショートムービーにアクセスできるリンクがついています。ただしメールは英文でビデオにも日本語の字幕などはついていません。

※4 前回の最初の映画のライブストリームの時もそうでしたが、今回もライブストリームにはおそらく日本語の字幕などはつかないと思われます。

※5 映画に寄付した方への報酬は以下のようになっています。http://hsperson.com/sensitive-and-in-love/

10ドル以上寄付すると自動的に“the Sensitive and in Love Society”のメンバーとなり、専用のメールリストに登録され映画に関する最新情報を受け取ることができます。また映画が完成し上映される時には、ネットで配信されるライブストリームに無料でアクセスできます。

25ドル以上寄付された方は、上記に加え“Sensitive and in Love ”をデジタルでダウンロードしたものを手に入れることができます。

50ドル以上寄付して下さった方は、上記の報酬全部に加え、映画のエンドロールの“thank you”セクションにあなたのお名前が表示されます。

100ドル以上寄付して下さった方は、“Sensitive and in Love”の映画ページのFriend(フレンド)リストにお名前が掲示され、同様に映画の最後にもクレジットされます。もちろん上記の報酬すべてに加えて(お名前を匿名にしたい方はinfo@sensitivethemovie.com までメールを下さい)。※メールをする方は英語でメールしてください。

1,000ドル以上寄付して下さった方は、“Sensitive and in Love”の映画ページのPatron(パトロン)リストにお名前が掲示され、同様に映画の最後にもクレジットされます。もちろん上記の報酬すべてに加えて(お名前を匿名にしたい方はinfo@sensitivethemovie.com までメールを下さい)。※メールをする方は英語でメールしてください。

2,500ドル以上寄付して下さった方は、“Sensitive and in Love”の映画ページのAngel(エンジェル)リストにお名前が掲示され、同様に映画の最後にもクレジットされます。もちろん上記の報酬すべてに加えて(お名前を匿名にしたい方はinfo@sensitivethemovie.com までメールを下さい)。※メールをする方は英語でメールしてください。

10,000ドル以上寄付して下さった方は、“Sensitive and in Love”の映画ページのExecutive Producer(エクゼクティブ・プロデューサー)リストにお名前が掲示され、同様に映画の最後にもクレジットされます。もちろん上記の報酬すべてに加えて(お名前を匿名にしたい方はinfo@sensitivethemovie.com までメールを下さい)。※メールをする方は英語でメールしてください。

※ 名前が掲示される映画ページはこちら

※ 最初の映画の時もそうだったように、後々販売する場合に日本語字幕がつく可能性はありますが、上で紹介しているライブストリームやデジタルダウンロードには字幕はつかないと思われますのでお気をつけください。ただし、デジタルダウンロードの方は後で日本語字幕がつく可能性も考えられます。

映画情報


現在制作中!
HSPのドキュメンタリー第2弾を
あなたも応援しませんか?


Sensitive
and in Love


詳しい情報と寄付はこちらから

私たちの最初の映画
Sensitive: The Untold Story
のレンタル・購入は
こちらから

最新のブログ記事

HSP研究基金と
寄付の方法については
こちらをクリック


Entire Web
HSPerson.com

ニューズレターの申し込み

ニューズレター"ComfortZone"の申し込みはこちら
イベント、本のリリース、ブログ、投稿、その他、HSPコミュニティに関心を引く話題の情報などをアップデートしたり、お知らせしています。頂いた個人情報は外部には漏らしません。

※ここから申し込めるのは英語のニューズレターになります。

Highlights

The Original Book

HSPの入門書―HSPが人生で向き合う様々なことをカバーしています。(この本が世界中で100万部も売れたことを誇らしく思っています。これまで、フランス、オランダ、デンマーク、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、日本、韓国、中国、台湾で翻訳されました。それも宣伝はほんのわずかで、ほとんどは口コミで広まりました。)

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.