The Highly Sensitive Person

High Sensation Seeking Test

あなたは刺激追求型HSP?
セルフテスト

(PDF型式のプリントアウトできるオリジナルバージョンはこちらをクリック)

各質問にあなたが感じたままに答えてください。すこしでも当てはまったらボックスにチェックを入れ、あまり当てはまらない、あるいはまったく当てはまらない場合はチェックを入れないで下さい。

もし安全なら、未知の新しい体験ができる薬をやってみたい。
会話によってはひどく退屈になる時がある。
行ったことのある好きな場所にもう一度行くよりも、好きにならないかもしれないけれど知らない場所の方へ行ってみたい。
スキーやロッククライミング・サーフィンのようなスリルのあるスポーツをやってみたい。
長い間家にいるとイライラする。
何もせずにじっと待っているのは嫌い。
同じ映画を二度見ることはめったにない。
あまりやったことのないことをするのが楽しい。
もしなにかめずらしいことを目にしたら、わざわざ寄り道をしてでも確かめに行く。
毎日同じ人たちと一緒にいると飽きてしまう。
君のやることは予測がつかないと友人たちに言われる。
知らない場所を探検するのが好き。
日課はもたないようにしている。
強い体験を与えてくれるアートに惹きつけられる。
気分を高揚させてくれる物質が好き。
思いもつかないようなことをする友だちのほうが好きだ。
新しい知らない場所へ行ってみたい。
もし旅行に行くお金があったら外国へ行きたい。
探検家になってみたい。
誰かが性的なジョークを飛ばしたり、性的なことを口にして、みんなが気まずそうに笑うような時でも、自分はそれを楽しいと感じる。

刺激追求型セルフテストの採点評価

女性
もし11以上の項目にチェックを入れたら、おそらく、あなたは刺激追求型(HSS)です。7以下であればおそらくHSSではありません。8~10の間だったら、たぶんあなたは両者の中間です。

男性
もし、13以上の項目にチェックを入れたら、おそらく、あなたは刺激追求型(HSS)です。9以下であればおそらくHSSではありません。10~12の間だったら、たぶんあなたは両者の中間です。

そう、あなたはHSPであると同時に高い点数のHSS、ということもあり得るのです。

刺激追求型についてはさらにこちらをお読みください。

このウェブサイトの内容そしてセルフテストは、診断を意図して作られたものではありません。また、いかなる病気の診断もここでは排除しています。この件に関して詳しくは、FAQのページをご覧下さい。


Copyright© 2006 by Elaine N. Aron, Ph.D. All rights reserved.


Sensitive and in Love

Sensitive and in Loveのレンタル・購入ができるようになりました


私たちの最初の映画 Sensitive: The Untold Storyのレンタル・購入はこちらから

最新のブログ記事

HSP研究基金と
寄付の方法については
こちらをクリック


Entire Web
HSPerson.com

ニューズレターの購読申込

ニューズレター“The Comfort Zone”では、イベントや本のリリース、ブログ投稿、それ以外にもHSPだったら関心を持ちそうなニュースなどのアップデートやお知らせをいたします。ぜひお申し込みください。頂いた個人情報はどこにも提供いたしません。

メーリングリストへの参加はこちらから

※ニューズレターは英語のみになります。

Highlights

The Original Book

HSPのあらゆる側面をカバーした総合的な紹介書。世界中でベストセラー。32ヵ国語に翻訳。最新の研究を要約した著者の覚書もついています。

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.