The Highly Sensitive Person

Research Articles by Elaine and Her Collaborators

 下に紹介しているものは、エレイン及び共同研究者による研究論文です。それ以外の著者による関連する論文の概観は、2012年度のPSPR(Personality and Social Psychology Review)誌に掲載されているレビュー論文に載っています。最新の論文は、一定の期間を経た後であれば、PsychInfoで検索して見つけることができるようになります。「sensitivity」、「sensory processing sensitivity」、または関連するアイデアのワード、例えば「biological sensitivity to context」、「orienting sensitivity」といった言葉で検索してみてください。エレインは今後もこのリストをアップデートしていく予定ですが、”sensory processing sensitivity(感覚処理感受性)”についての論文及び関連する論文を、完全に網羅することは難しいことをお断りしておきます。


 ~  ~  ~


Jagiellowicz, J., Aron, A., & Aron, E. N. (2016). Relationship between the temperament trait of sensory processing sensitivity and emotional reactivity. Social Behavior and Personality: an international journal, 44(2), 185-199.

Full Text(pdf)


Bianca P. Acevedo, B., Aron, E., Aron, A., Sangster, M., Collins, N., & Brown, L. (2014) The highly sensitive brain: An fMRI study of sensory processing sensitivity and response to others’ emotions. Brain and Behavior, 4, 580-594.

Full Text(pdf)

Aron, E. N. (2012). Temperament in psychotherapy: Reflections on clinical practice with the trait of sensitivity. In M. Zentner & R. Shiner (Eds.), Handbook of temperament (pp. 645-670). New York: Guilford.

Aron, E., Aron A., and Jagiellowicz, J. (2012) Sensory processing sensitivity: A review in the light of the evolution of biological responsivity. Personality and Social Psychology Review,16, 262-282.

ここをクリックして読めるものは論文の要約です:フルテキストはPSPRの定期購読を申し込めば手に入れることができます。あるいはあなたがどこか大学図書館とつてがあれば手に入れることができるかもしれません。

Jagiellowicz, J., Xu, X., Aron, A., Aron, E., Cao, G., Feng, T., & Weng, X. (2010) The trait of sensory processing sensitivity and neural responses to changes in visual scenes. Social Cognitive and Affective Neuroscience, 6, 38-47.

Full Text(pdf)
Stony Brook University press release on it

Aron, A., Ketay, S., Hedden, T., Aron, E. N., Markus, H. R., & Gabrieli, J. D. E. (2010) Temperament trait of sensory processing sensitivity moderates cultural differences in neural response. Social Cognitive and Affective Neuroscience, 6, 38-47.

Full Text(pdf)
Stony Brook University press release on it

Aron, E., The clinical implications of Jung’s concept of sensitiveness, Journal of Jungian Theory and Practice, 8, 11-43.

Full Text(pdf)

Aron, E. N., Aron, A., & Davies, K. (2005). Adult shyness: The interaction of temperamental sensitivity and an adverse childhood environment. Personality and Social Psychology Bulletin, 31, 181-197.

Full Text(pdf)

Aron, E. N. (2004). Revisiting Jung’s concept of innate sensitiveness. Journal of Analytical Psychology, 49, 337-367.

Full Text(pdf)

Aron, E. N. (2004). The impact of temperament on intimacy and closeness. In The Handbook of Closeness and Intimacy. Eds. D. Mashek and A. Aron (pp. 267-283). Mahwah, NJ: Erlbaum.

Aron, E. N. (2000). High sensitivity as one source of fearfulness and shyness: Preliminary research and clinical implications. In L. Schmidt & J. Schulkin (Eds.), Extreme fear, shyness, and social phobia: Origins, biological mechanisms, and clinical outcomes (pp. 251-272). New York: Oxford University Press.

Aron, E. N. (1996). Counseling the highly sensitive person. Counseling and Human Development, 28, 1-7.

(HSPスケールとその開発を含む論文)

Aron, E. & Aron, A. (1997). Sensory-processing sensitivity and its relation to introversion and emotionality, Journal of Personality and Social Psychology, 73, 345-368.

Full Text(pdf)


Belsky, J. & Pluess, M. (2009). Beyond diathesis stress: Differential susceptibility to environmental influences. Psychological Bulletin, 135, 885-908.

Full Text(pdf)

Belsky, J. et al. (2009). Vulnerability genes or plasticity genes? Molecular Psychiatry, 14, 746-754.

Full Text(pdf)

Pluess, M., & Belsky, J. (2013). Vantage sensitivity: Individual differences in response to positive experiences. Psychological Bulletin, 139, 901-916.

Full Text(pdf)

Wolf, M., Van Doorn, G. S., & Weissing, F. J. (2008). Evolutionary emergence of responsive and unresponsive personalities. Proceedings of the National Academy of Sciences, 105(41),15825-15830.

Full Text


日本人の研究者による論文 (Research articles written by Japanese researcher)

※ここに載っている論文はアーロン博士の了承の下、日本語翻訳版のみに掲載しています

高橋亜希(2016). Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成 感情心理学研究 第23巻 第2号 68-77
(Takahashi, A. (2016). Development of Japanese version of the 19-item Highly Sensitive Person Scale (HSPS-J19). 感情心理学研究 第23巻 第2号 68-77. Japanese Journal of Research on Emotion.)

Full Text(pdf)

船橋亜希(2013).成人用感覚感受性尺度作成の試み 中京大学心理学研究科・心理学部紀要, 12(2), 29-36.
(Funahashi, A. (2013). An attempt of developing “Sensory Sensitivity Scale” for Japanese adults. 中京大学心理学研究科・心理学部紀要, 12(2), 29-36. Chukyo University Repository for Academic Resources.)

Full Text(pdf)

船橋亜希(2011)感受性の個人差に関する研究の概観 中京大学心理学研究科・心理学部紀要, 11(2),29-34.
(Funahashi, A. (2011). Overview of Studies on Individual Differences in Sensory Sensitivity. 中京大学心理学研究科・心理学部紀要, 11(2),29-34. Chukyo University Repository for Academic Resources.)

Full Text(pdf)

映画情報


現在制作中!
HSPのドキュメンタリー第2弾を
あなたも応援しませんか?


Sensitive
and in Love


詳しい情報と寄付はこちらから

私たちの最初の映画
Sensitive: The Untold Story
のレンタル・購入は
こちらから

最新のブログ記事

HSP研究基金と
寄付の方法については
こちらをクリック


Entire Web
HSPerson.com

ニューズレターの申し込み

ニューズレター"ComfortZone"の申し込みはこちら
イベント、本のリリース、ブログ、投稿、その他、HSPコミュニティに関心を引く話題の情報などをアップデートしたり、お知らせしています。頂いた個人情報は外部には漏らしません。

※ここから申し込めるのは英語のニューズレターになります。

Highlights

The Original Book

HSPの入門書―HSPが人生で向き合う様々なことをカバーしています。(この本が世界中で100万部も売れたことを誇らしく思っています。これまで、フランス、オランダ、デンマーク、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、日本、韓国、中国、台湾で翻訳されました。それも宣伝はほんのわずかで、ほとんど口コミだけで広まりました。)

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.