The Highly Sensitive Person

Other Events Where Elaine Will Be Speaking

7月21~23日: HSPのためのウィークエンド・ワークショップ 北カリフォルニア・サンタクルーズの1440 Multiversity

このワークショップは、下に紹介する九月のKripaluのワークショップと似たようなものになる予定です。内容は:HSPの定義、最新の研究内容の紹介、そして参加者の関心が高そうな話題についてのディスカッション(人間関係、強い刺激への対処法、不安やうつ、非HSPの人たちにHSPのことをどう話すか、etc.)

参加者は、お住まいの郵便番号もしくは関心のあるテーマ(例えば:HSP男性、HSP企業家、HSPについての社会への広報活動、のような)ごとに小さなグループに分かれてもらう予定です。そしてたくさんのQ&Aの場も用意。土曜の夜には映画“Sensitive ? The Untold Story”を上演します。“multiversity”にはさまざまなタイプの部屋があります。希望する方は、早めに予約を取って一番好きなお部屋を選んでください。

今回新しい場所として選んだ“multiversity”は様々なプログラムを提供しています。それ以外にもキャンパスの中には森林歩道やカフェなどがあり、そしてスコイアの森に囲まれた絶好のロケーションとなっています(そして海まで車で10分)。ぜひウェブサイトをクリックしてみてください。

9 月22~24日: 上で紹介したワークショップと同じ内容ですが、こちらはKripalu(※1)で行います。場所はマサチューセッツ州のあのストックブリッジ(※2)です。そう、ですからもちろん東海岸です。

このワークショップは2017年に東海岸で私が行う唯一の講演になる予定です。いまは(いろいろ予定が入っていることもあって)これ以上旅行をしようという気持ちにはなれなかったのですが、東海岸のHSPの人たちとはもう長くお会いしてないなぁ・・・と思ったので。みなさんとお会いできることを楽しみにしています!

それぞれのウェブサイトにはまだ明記されていませんが、両方のワークショップとも、専門家の継続教育の単位になる予定です。


訳者注:
※1:アメリカのマサチューセッツ州にあるクリパルセンターのこと。流派を問わずヨガができる北米最大のホリスティック・センター。
※2:ストックブリッジはマサチューセッツ州にある小さな可愛らしい町として有名。画家ノーマン・ロックウェルが晩年を過ごした場所としても知られる。

映画情報


現在制作中!
HSPのドキュメンタリー第2弾を
あなたも応援しませんか?


Sensitive
and in Love


詳しい情報と寄付はこちらから

私たちの最初の映画
Sensitive: The Untold Story
のレンタル・購入は
こちらから

最新のブログ記事

HSP研究基金と
寄付の方法については
こちらをクリック


Entire Web
HSPerson.com

ニューズレターの申し込み

ニューズレター"ComfortZone"の申し込みはこちら
イベント、本のリリース、ブログ、投稿、その他、HSPコミュニティに関心を引く話題の情報などをアップデートしたり、お知らせしています。頂いた個人情報は外部には漏らしません。

※ここから申し込めるのは英語のニューズレターになります。

Highlights

The Original Book

HSPの入門書―HSPが人生で向き合う様々なことをカバーしています。(この本が世界中で100万部も売れたことを誇らしく思っています。これまで、フランス、オランダ、デンマーク、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、日本、韓国、中国、台湾で翻訳されました。それも宣伝はほんのわずかで、ほとんど口コミだけで広まりました。)

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.