The Highly Sensitive Person

Other Events

9月22~24日: HSPのためのウィークエンド・ワークショップ マサチューセッツ州西部、ストックブリッジの Kripalu(※1)で

このワークショップは2017年に東海岸で私が行う唯一の講演になる予定です。現在(いろいろ予定が入っていることもあって)これ以上旅行をしようという気持ちにはなれなかったのですが、東海岸のHSPの人たちとはもう長いことお会いしていなかったので。

内容は、HSPの定義、最新の研究内容、そして参加者が関心がありそうな話題についてのディスカッション(人間関係、強い刺激への対処法、不安やうつ、非HSPの人たちにHSPのことをどう話すか、etc.) となります。

参加者は、お住まいの郵便番号もしくは関心のあるテーマ(例えば:HSP男性、HSP企業家、HSPについての社会への広報活動、のような)ごとに小さなグループに分かれてもらう予定です。そしてたくさんのQ&Aの場も用意。土曜の夜には映画 “Sensitive - The Untold Story”の上演も予定しています。

さらに詳しい情報と申し込みはこちらから



10月20日:人生を生きる優れた手段としての敏感さ、そして内向性。カナダ、モントリオールで。講師はSusan Meindl

講義:
10月20日(金) 19:30-20:00

ワークショップ第一部(どなたでも参加できます):
10月21日(土) 10:00-13:00

ワークショップ第二部(精神保健の専門家に限られます):
10月21日(土) 14:30-16:30

北アメリカの文化は、敏感ではない外向的な振る舞いを高く評価する傾向を持っている。しかしこのことが、私たちの社会が敏感さについて両極端な反応を示す理由にもなっています。神経多様性や様々な気質を認めようという声が高まっているいま、私たちは、ひとりひとり違っていることの価値を、本当の意味で受け入れることを問われているのではないでしょうか?

この講義では、このテーマ及び我々の文化における“影の投影”についてユングの考えを提起する予定です。

5 OPQ credits for two-part workshop OPQ # RA02193-17 (5 hours)(※2)

PDFによるお知らせはこちら


訳者注:
※1:アメリカのマサチューセッツ州にあるクリパルセンターのこと。流派を問わずヨガができる北米最大のホリスティック・センター。

※2:OPQはOrdre des pharmaciens du Quebecの略。OPQについて調べてみましたが、このワークショップが行われるカナダのケベック州はフランス語が公用語ということもあり、残念ながらフランス語のわからない自分には正確なところはつかめませんでした。ただどうやらOPQはケベック州の臨床心理士の属する団体・協会のようで、5 OPQ credits とはおそらくこのワークショップに出ると5単位(大学の単位もしくは継続教育の単位)をOPQが与えるということなのだと思われます。

映画情報


現在制作中!
HSPのドキュメンタリー第2弾を
あなたも応援しませんか?


Sensitive
and in Love


詳しい情報と寄付はこちらから

私たちの最初の映画
Sensitive: The Untold Story
のレンタル・購入は
こちらから

最新のブログ記事

HSP研究基金と
寄付の方法については
こちらをクリック


Entire Web
HSPerson.com

ニューズレターの申し込み

ニューズレター"ComfortZone"の申し込みはこちら
イベント、本のリリース、ブログ、投稿、その他、HSPコミュニティに関心を引く話題の情報などをアップデートしたり、お知らせしています。頂いた個人情報は外部には漏らしません。

※ここから申し込めるのは英語のニューズレターになります。

Highlights

The Original Book

HSPの入門書―HSPが人生で向き合う様々なことをカバーしています。(この本が世界中で100万部も売れたことを誇らしく思っています。これまで、フランス、オランダ、デンマーク、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、日本、韓国、中国、台湾で翻訳されました。それも宣伝はほんのわずかで、ほとんど口コミだけで広まりました。)

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.