The Highly Sensitive Person

HSP Gatherings

Gatherings of Highly Sensitive People:(HSPの集い)

 HSPギャザリング・リトリートは、2001年の開始以来、自分以外のHSPに出会える絶好の場所として、そしてみなさんが、自分の素晴らしい特性を発見し、探求し、祝福できる場所として存在してきました。ここに参加した人たちは、この特性についての科学的理解を深め、自分を励ますための新しいツールと、そして、自分はHSPとして理解された、聞いてもらえた、そして正当に認めてもらえた、という深い感覚を胸に、ここを旅立つことになるでしょう。そして、自分の人生をもっとありのままに、自信をもって生きることができるようになるはずです。HSPギャザリング・リトリートはたくさんの人たちの人生を変えてきました。私もほぼ毎回、オンライン会議を通じて、ゲストスピーカーとして参加してます。そしてこのリトリートを、私はみなさんに強く強くお薦めします!

 HSPギャザリング(HSPの集い)について、日時や場所、申し込み、そしてさらに詳しい情報を知りたい方は、Jacquelyn Stricklandのウェブサイト 
http://www.lifeworkshelp.com/hspgathering.htm をご覧ください。

Upcoming Gatherings:

以下のサイトでギャザリングの最新情報を入手してください:
http://www.lifeworkshelp.com/hspgathering.htm


訳者注:リトリートとは、直訳すると隠居・静修という意味ですが、アメリカでリトリートというと、ちょっと日常から離れ、静かで自然豊かな場所で瞑想したり、リラクゼーションしたり、あるいは体に良い食べ物などを食べて、心身のバランスを取り戻すバケーションのことをいったりします。アメリカでは様々なリトリートのプログラムや施設があり、とても人気となっているようです。ここで紹介しているHSPの集いも、そのようなプログラムを取り入れたHSP向けのプログラムだと思われます。

最新のブログ記事


Entire Web
HSPerson.com

HSPの最新の本のお知らせ
The Highly Sensitive Parent

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。
25周年記念エディション

HSPのドキュメンタリー映画
Sensitive Lovers:恋人たちの関係をさらに深く探る”リリースのお知らせ

このドキュメンタリーは、 映画“Sensitive and in Love”に織り込まれた科学的根拠やアドバイスをみなさんに提供します。 詳しい情報はこちらから

Sensitive and in Love

私たちHSPにとっておそらく最も大切なもの―愛する人との関係に敏感さがどう影響するか―にフォーカスした長編映画。the Sensitive and In Loveの詳しい情報と購入はこちらから

センシティブ:語られなかった物語

レンタルと購入はこちらから

HSP研究基金と
寄付の方法については
こちらをクリック

ニューズレターの購読申込

ニューズレター“The Comfort Zone”では、イベントや本のリリース、ブログ投稿、それ以外にもHSPだったら関心を持ちそうなニュースなどのアップデートやお知らせをいたします。ぜひお申し込みください。頂いた個人情報はどこにも提供いたしません。

メーリングリストへの参加はこちらから

※ニューズレターは英語のみになります。

Highlights

The Original Book

HSPのあらゆる側面をカバーした総合的な紹介書。世界中でベストセラー。32ヵ国語に翻訳。最新の研究を要約した著者の覚書もついています。

エレイン・アーロンの他の本はこちら

連絡先

連絡を取りたい方はお問い合わせのページから目的に合ったアドレスを選んでご連絡ください。

※このサイトはアメリカのアーロン博士のHPの日本語版です。メールでの連絡は英語でお願いします。
※日本語版へのご連絡はこちらへお願いします。

この日本語版サイトの文章及びデザインは、エレイン・N・ アーロン博士の許可を得て使用しています。このサイトの翻訳文・デザイン等を、作成者の許可なく複製・利用することは著作権法で禁じられています  ―  日本語版サイト作成・運営 久保言史 kotton@mbr.nifty.com
Some of the design and wording of this website is used with the permission of Dr. Elaine N. Aron and nothing here should be reprinted without permission of the designer and translator, Kotofumi Kubo.